TRANSLATE

京都大学生協からのお知らせ

食堂の営業形態の変更について

2021年3月31日

各食堂の営業形態の変更について 

                           

 

いつも京都大学生協をご利用いただき、誠にありがとうございます。

 

京都大学生協はコロナ禍の影響により2020年度決算は18000万円の大きな赤字となりました。

2021年度については対面講義が基本とされるため学内人口は一定回復すると見込まれておりますが、国内での感染状況の先行きが不透明であり、楽観はできない見通しです。

 

京大生協では、2021年度はこれ以上の損益の悪化を防ぎながら、組合員のみなさまの要望に応えつづけるために経営改革を行う必要に迫られております。

特に、損益に大きな影響を与える食堂事業では、組合員のみなさまの食生活を守るという大学生協の使命と、将来に向けて食堂事業の継続可能な経営構造を作るために、営業形態を一部変更とさせていただきます。

 

組合員のみなさまのご理解をお願いいたします。

 

1.     一部提供エリアの停止

吉田食堂                      麺コーナー停止

北部食堂                      麺コーナー停止 夜時間帯丼コーナー停止

南部食堂                      麵コーナー停止 丼コーナー停止

カフェテリアルネ        麵コーナー停止 夜時間帯ケバブコーナー停止 パフェ停止

宇治食堂                      麵コーナー停止

※コスト改善のため、各食堂の選択率が低いコーナーを停止します。

 

2.     営業形態の変更

1) 日替わりカフェテリア

中央食堂(10001500)、吉田食堂、南部食堂、宇治食堂、桂セレネ

上記の店舗については日替わりカフェテリアとさせていただきます。

日替わりカフェテリアは主菜のメニュー数を856、小鉢のメニュー数1167とメニュー数を減らすことで作業を減らしつつ主菜や小鉢については各2メニューを日替わりとすることで一週間を通じてのメニュー数を大幅に増やし、毎日の食事で選べる楽しさを確保した形態となっています。

※日替わりカフェテリア導入にあたって、作業の点や利用者の嗜好性から各店のメニュー編成に差があります。また、導入初期には日替わりの部分を曜日替わりとして対応する場合がございます。

 

2) 定食形態

中央食堂(15002000)、宇治食堂(18002000)、桂セレネ(18002000

上記の店舗については定食型の営業形態とさせていただきます。

定食型は450円(税込み)、500円(税込み)、500円丼(税込み)の3メニューを日替わりで提供する形となっております。(ライスのサイズアップはプラス料金となります)

夜営業の継続のためにコストカットを進めながら、食堂で夜ご飯を週に1回の方から

5回の方まで利用しやすい形態となっております。

※店舗によって日替わり以外の週替わりメニューを提供する場合がございます。

 

3) カンフォーラランチ営業

11001400

日替わりランチAB2種類 650円(税込み)

期間限定ワンプレートランチ 650円(リニューアル開店時はチキンオーバーライス)

ランチセットドリンク +100

 

カンフォーラは、フルサービスレストランであり、アルコールを伴うお食事ができ、京大内での語らいの場として貢献しておりました。しかしながら、コロナ禍の中「黙食」が求められている状況であり従来通りの業態での再開は難しくなっております。

一方で、京都大学や京大生協にとっても象徴的な店舗でもあります。昨年度は1年間閉店しておりましたが、営業を再開することを優先とし、当面ランチ営業のみとさせていただきます。

 

 

各食堂とも大幅な営業形態の変更となります。今までの食堂形態を愛していただいた方には営業形態の変更で利用しにくくなる部分もあるかと思います。

新しい営業形態はコロナ後の新しい生活の中で生協の存続をかけてチャレンジするものとなります。

ご不便をおかけすることもあると思いますが、今後とも京都大学生協をよろしくお願いします。

 

                                      以上