京都大学生協 業務以外の利用時を含む職員・関係者のSNSポリシー

1. 定義

SNS(=Social Networking Service)とは、Facebook, Twitter, LINEに代表される、インターネットを利用した情報発信と、不特定多数による閲覧及びコミュニケーションが可能な媒体を指す。

2. 業務以外の利用を含む職員・関係者のSNS利用に関する約束

京都大学生活協同組合(以下、京大生協)の全職員および関係者(公式SNSアカウントの運用に携わる京大生協各組織委員や取引先従業員、それに準ずる者。以下同様)は、SNSを利用するにあたり、不特定多数が利用可能な媒体であることを常に意識し、「就業規則」等、定められた内部規定を遵守した上で情報発信やコミュニケーションを行う。

京大生協職員及び関係者は、発信した情報の内容が発信者だけでなく京大生協にとっても多大な影響を与えることを理解し、京大生協の職員・関係者として良識を持った振る舞いを心がけなければならない。

京大生協は、適切な情報発信及びコミュニケーションは、組織の透明性を高め、社会と良好な関係を保つのみならず、SNSを利用する一人一人のユーザーにおける京大生協に対する信頼感・親近感・好意の醸成に寄与すると認識する。

3. 対象

京大生協の全職員及び関係者全員に適用される。

4. 心得

各媒体に参加する前に、誰が何をどのように語っているのかを傾聴・理解し、その媒体の特性を尊重した上で参加すること。

良識を持った振る舞いをし、前向きなコミュニケーションを実施すること。

第三者に対する名誉の棄損や権利の侵害、個人情報の漏えいに留意し、関係法令を順守した上で発言すること。

誠実で正直であることを意識し、誤った情報や誤解を招く表現をしてしまった場合は、速やかに訂正をすること。

5. 京大生協のSNS利用に関するお問合せ

京大生協のSNS利用に関するお問合せは、本部管理室で受けるものとする。


付則

1. この規定の改廃は専務理事が行う

  • 2017年7月19日